夏場の育て方

そろそろ梅雨明けしそうな気配で夏本番です。

胡蝶蘭を育てるにあたって適正温度は18~25℃前後、高くても30℃くらいまでといわれています。
そして大切なのは夏の強い日差しを遮ることと、風通しの良い場所に置くことです。

胡蝶蘭は直射日光に当たると葉焼けを起こしてしまうため40~50%ほど遮光して育てますが、夏は日差しが強くなるため50~70%の遮光率が必要です。
また胡蝶蘭は元々霧が発生するような環境で生育しているため空中湿度を好みますが、根は蒸れに弱いという特徴があります。
それゆえに鉢の中が蒸れないように風通しの良い場所に置くことも大事な育て方のポイントです。
水やりは基本的に胡蝶蘭の鉢の内部が乾いたら行います。

目安としては1週間に1回くらいの頻度になりますが、あくまでも目安ですので何日かに1度は植え込み材を触って乾燥しているか確認していただくといいでしょう。