~お礼や誕生日、内祝いでの胡蝶蘭ギフトのポイント~

胡蝶蘭は東南アジア原産の蘭の一種です。
華やかでエレガントな胡蝶蘭は、あらゆる花の中でも一番といっていいほどの人気があります。
その理由は胡蝶蘭の名前や花言葉にあるのかもしれません。
「幸福が蝶のように飛んでくる」
「純粋な愛」
胡蝶蘭にはこんなロマンチックな花言葉があるんです。
「幸福が蝶のように飛んでくる」という花言葉は、胡蝶蘭の花の形が蝶に似ていることに由来しています。
蝶は風水では”愛”や”美”、そして”幸福”の象徴でもあることにも由来しているそうですよ。
一方の「純粋な愛」は、胡蝶蘭の名前の由来の一つである、ギリシャ神話の愛と美と豊穣の女神”アプロディーテー”にも関係しています。
胡蝶蘭の花言葉は、花の色によっても少し違っています。
白色の胡蝶蘭は「清純」という花言葉です。
目上の方への胡蝶蘭ギフトには、お礼や誕生日、内祝いなど、どんなシーンであっても白の胡蝶蘭を贈ると失敗しません。
年下の方への胡蝶蘭ギフトなら、緑色や黄色の胡蝶蘭もカジュアル感があって素敵です。
黄色の胡蝶蘭には「活発な」といった、若々しくはつらつとした意味も含まれます。
恋人の誕生日なら「あなたを愛しています」というピンク色の胡蝶蘭ギフトが良いですよ。
胡蝶蘭のギフトでさりげなくアピールをしてみましょう。
ピンク色の胡蝶蘭はとても女性らしい印象になるのでオススメです。
身内や親戚の方に向けて敬老の日にギフトとして胡蝶蘭を贈るのであれば、青色の胡蝶蘭はいかがでしょうか。
胡蝶蘭の花言葉は「愛」と「尊敬」です。
そして、青色には心理学的にも”気持ちを落ち着かせ、リラックス”の効果や、”時間が経つのを遅く感じさせ、集中力を高める”効果があるので、お部屋に置いて頂くことを考えれば最適な花のギフトではないでしょうか。
ちなみに、青色の胡蝶蘭には咲いたあとに青く色づけされているものと、初めから青色のものとがあります。
実は、薔薇など他の花でも同様なのですが、青色の花を作ることは難しく、品種改良を重ねた結果生まれたものなのです。
この品種改良された花は残念ながら世間には流通していませんが、色づけされているものであれば手に入れることができますよ。
しかし、こちらも特殊な技術が必要ですので、生産できる量は少なく、とても希少性が高いです。
こんな珍しいお花のギフトを頂いたら、嬉しくて大切に育ててもらえそうですね。
このように、ギフトの相手が男性か女性か、目上の方か、年下の方か、はたまた身内なのか、などによって花の色を変えてみるのも遊び心があってステキですよ。

形や色や予算も相手に合わせて

胡蝶蘭の大きさには、大きな花がとても印象的な大輪、ミディやミニといったやや小ぶりの可愛らしいものがあります。
大輪のものは存在感が大きく、店舗や一目につくところに置くのに向いています。
対して、個人への気の張らないギフトなら、1万円くらいまでの小ぶりのものでもよいでしょう。
また、花のつき方も同じ方向を向いて咲くタイプと、あちらこちらを向いて咲くナチュラルなタイプとがありますので、相手の好みに合ったギフトを選ぶようにしましょう。
胡蝶蘭のギフトでよく見かけるものは、向きが揃っているタイプなのですが、人が手を加えることなく花が自然に咲いている姿もとても美しいですよ。

メッセージカードに管理方法も添えて

蘭は2ヵ月近くも花が咲き、いつどのように水やりをすればよいか迷ってしまうこともあるため、「花が咲いているうちは、3日に1度は水をたっぷり与えてくださいね」などと、簡単な管理方法のギフトメッセージが添えてあると、頂く方はうれしいものです。
ぜひ、胡蝶蘭のギフトに一言添えてみましょう。
胡蝶蘭は、間違いなくどんな年代の方からも好まれるギフトです。
送る相手の好みに合わせた色や大きさの胡蝶蘭ギフトを選んでみましょう。
あなたの想いのこもった胡蝶蘭に手書きのギフトメッセージをつけることで、より一層喜んで頂けることと思います。

~開店、開業のお祝いに定番の胡蝶蘭ギフトの選び方~

胡蝶蘭の花は2ヵ月以上も美しい姿を保つことから、「安定した継続を願う気持ち」を込めて、開店や開業のお祝いギフトの定番の蘭です。
また、「根付く」という意味もあり、まさに店舗向きのギフトといえるでしょう。
ギフトとして贈るのであれば、華やかな中にも落ち着きがある白の大輪の花がどんなシーンにでも合うのでオススメです。
そして、最近では“リップ”という種類のものもあり、こちらも人気のギフトです。
この“リップ”は、花の真ん中の部分が花びらの色と違った色をしています。
例えば、大輪赤リップというと、真ん中の部分が赤色をしていて、花びらの部分は白色です。
つまり、紅白の色がついているんです。お祝い事のギフトにとても向いていますね。
先ほどご紹介した白色と紅白色のものは、相手や場所を選ばないので一番無難な色なのですが、贈るお店の雰囲気に合った色を選んでみるのも良いですよ。
お店に飾って頂くギフトですから、お店に合った色をチョイスすることも大事です。
この他にも色々な種類がありますので、お花の写真等をご覧になって決めてみてください。
色々なものがあり迷ってしまいそうですが、贈る相手のことを考えながら選ぶことも楽しいですよ。

開店や開業のお祝いには大輪の胡蝶蘭のギフトを贈りましょう

開店や開業のお祝いとしてのギフトの場合は、他の方の蘭と並べて飾られることが多いので、可愛らしい小ぶりなものよりも、優雅で存在感のある大輪の花が適しています。
ギフトの相手との関係性にもよりますが、3本立ちから5本立ちのもので2万円~3万円くらいが相場のようです。
とても華やかで気品あふれる大輪の胡蝶蘭を贈ることで、お店の雰囲気を盛り上げましょう。
ちなみに、開店お祝いとはお店を新しく始めることで、開業とは事業を始めることです。
病院は開院お祝いになります。

ギフトのタイミングとマナーについて

胡蝶蘭は生花と違い花もちがよいので前日までに届けても大丈夫ですが、店舗や事務所が自宅と違う場合は、相手に確認を取った方がよいでしょう。
また、置き場所に困ってしまうほどの大きさの花ではないかも併せて確認できるとより良いでしょう。
また、真っ赤な色は、“火=火事”や“赤字”を連想させることから避けるようにします。
赤色が混じっている場合には構いませんが、赤一色になることはやめましょう。
また、花だけではなくラッピングについても、ピンク色など他の色にしておいた方が無難です。
個人的なお付き合いではなく、ビジネスシーンでの開店や開業のギフトとして胡蝶蘭を贈る場合は、木札にお祝いの文言と送り主の名前を書きますが、園芸店などで購入して直接届けてもらう場合は、必ず事前に記載内容の確認をしておきましょう。
せっかくのお祝いの場において誤記載があれば大変です。
今後の良好な関係のためにも、ギフトの相手の名前や店名、事業所名に間違いがないかしっかりと確認し、失礼のないようにしましょう。
お花の色についてですが、ビジネスのギフトの場合は、無難な白色や紅白色を選び、ラッピングも奇抜な色は避け、全体的に清楚で品よくまとめるようにすれば周りのお花から浮くこともなく素敵です。

~就任祝いや昇進祝いなどに知っておくべき胡蝶蘭ギフトのポイント~

胡蝶蘭は、ビジネス上のギフトによく用いられます。
会長や社長の就任のギフトには法人として贈る場合が多く、昇進祝いなどのギフトは個人的に贈ることが多いようです。
同じお祝いでもそれぞれ違いがあるのでギフトのマナーを知っておきましょう。

法人として胡蝶蘭を贈るなら見栄えのする大輪の胡蝶蘭ギフトを贈りましょう

社長の就任式などにギフトを贈る場合は、他者と比べ見劣りするようなお花だと、足元を見られてしまうので、相場を確認して贈るようにしましょう。
自社の社名を記した立て札を立てるため、ギフトの相手だけでなくお祝いに訪れた他社の人の目にも触れます。
存在感のある大輪のギフトにすれば、周りに埋もれることがありません。
もちろん、胡蝶蘭はお祝いのために贈るものですが、自社をアピールする手段の一つとも考えられますので贈る時には華やかさを重視しましょう。
相場は、5本立ちで3万円~5万円くらいの、華やかな中にも凛とした品のある白の大輪の花がギフトにオススメです。

昇進祝いに自宅へ胡蝶蘭ギフトを贈るときは、個性的な花がおすすめです

昇進が発表されたら1週間以内にご自宅に贈るようにしましょう。
胡蝶蘭は花もちがよいので長い間楽しんでもらえます。
ビジネス関係のギフトなら白の胡蝶蘭がおすすめですが、友人や親戚関係などで胡蝶蘭を贈る場合は、やや小ぶりのミディタイプのギフトで、花の色も黄色やオレンジ系の元気が出る色も素敵です。
価格は1万円~2万くらいのギフトが適しているでしょう。
旬にとらわれることなく、贈ることができるお花のギフトには定番の胡蝶蘭ですが、贈る立場によって自社もアピールしたい場合は、見栄えがする大輪の胡蝶蘭ギフトにしましょう。
昇進などでデスクの上に置いたり、自宅に飾る場合は、置き場所に困らないようにコンパクトなギフトがよいでしょう。

~特別なお祝いにぴったり大人のたしなみ胡蝶蘭ギフト~

胡蝶蘭は、結婚や出産のギフトから還暦や古希などの長寿のギフト、新築祝いなど人生の節目節目のギフトに贈ることができる気品のあるお花です。
胡蝶蘭以外の他のお花ももちろん素敵なのですが、やはり整った姿形はいつ見ても惚れ惚れします。
そして、やはり花持ちがよく、ほとんど手入れの必要がないことも人気の理由の一つです。
そして、花が咲き終わっても上手に処理をすればもう一度咲いてくれるんですよ。
最初から咲いている花を見るのも素敵ですが、自分で花を咲かせてみるのも成長が見られて嬉しいですよね。
そして実は、胡蝶蘭には花粉がほとんどないので、アレルギーの心配も低く、掃除の手間も要りません。
ちなみに匂いもほぼありませんので、匂いに敏感な方にも安心してお家に置いて頂けます。
綺麗なお花のギフトをプレゼントされると、どんな方でもたちまち笑顔になります。
まさしく「幸福が飛び込んでくる」という胡蝶蘭の花言葉そのものですね。
人生の大切なシーンにはぜひ心を込めてお花のギフトを贈ってみましょう。

胡蝶蘭を贈るときのたしなみ

胡蝶蘭をギフトで贈る場合は、2や4といった割り切れる数字は避けて、3や5の本数にします。
花束ギフトとして贈る場合も奇数にしましょう。
また、ギフトを贈るタイミングはそれぞれの御祝い事によって違ってきます。
結婚式のブーケとして贈るギフトは挙式当日に、出産のお祝いに贈るギフトは退院後自宅に贈るのがよいでしょう。
誕生日ギフトは当日に、長寿のギフトとして自宅でパーティーをする場合は前日までに、新築祝いは引越し日は避けて、引越し後か1週間以内か、お披露目をされるならその日までに贈りましょう。
早く贈ったために、相手が胡蝶蘭の置き場所や保管に困ってしまうタイミングを外して贈るようにすれば大丈夫です。
新築お祝いでギフトを贈る場合の注意点は、開店祝いと同様に、赤い花や赤いラッピングは“火事”などを連想するため止めておきましょう。

ギフトを贈る相手やシーンに合わせて花の種類を選びましょう

胡蝶蘭ギフトにも様々な種類があります。
どんなシーンにも合う華やかで優雅な大輪の胡蝶蘭ギフトですが、大きすぎても置き場所に困る場合もあります。
そんな時には、小ぶりのミディタイプのギフトにすると、そばに置いて楽しむことができます。
お誕生日や長寿のギフトなどには、カタログなどでご本人のお好きな色や形を選んでもらうのもいいですね。
胡蝶蘭のギフトは誰にも喜ばれるに違いありませんが、贈るタイミングや花の大きさなど、相手の状況にあった気遣いをすることで、よりいっそう喜んでもらえるでしょう。

~ロータリー、ライオンズ、JCなど鉄板の胡蝶蘭ギフトとは~

胡蝶蘭は、ロータリークラブやライオンズクラブ、JC(青年会議所)など団体に所属している方は会員特別価格でギフトを購入できるネットショップもあります。
公私ともに交際範囲が広い方には、いつでもどこからでも注文できて便利です。

胡蝶蘭をインターネットで注文する場合

交際の多い方などが、よくギフトでご利用されているのがインターネット注文です。
ラッピングや立て札なども無料な上、送料も無料となっており、お支払いもクレジットカード決済で、スマートにギフトを贈ることができます。
花の色や何本だてか、用途やお届け日などを記入するだけでよいので、店舗に足を運ぶ時間がない忙しい方にぴったりの方法です。
また、花の種類もたくさんあり、それぞれの写真もご覧になれますので、空いた時間にパソコンやスマートフォン等でじっくりとギフトを選ぶこともできますよ。
お花屋さんが近くにない、という方にもオススメの方法です。

存在感のある胡蝶蘭ギフトが人間関係をサポート

胡蝶蘭は品格があるギフトなので、どんなシーンに贈っても、送り主の意向が伝わります。
大輪の花もミディタイプもそれぞれに存在感があるので、各シーンに合ったお花のギフトを選ぶことができます。
ロータリークラブやライオンズクラブに所属されている方や青年会議所に所属されている方は、社会奉仕や会社関係でギフトのお花を贈る機会も多いでしょうが、胡蝶蘭は日持ちがよいので安心して贈ることができますよ。
ネット通販を利用すると、多くの種類から送る相手に適した胡蝶蘭を選ぶことができ、ポイントなどもつきます。
また、ほとんどが翌日に届くシステムになっているので急にギフトを贈る必要ができた場合も便利です。
花もちの良い胡蝶蘭は「末永くよろしく」という意味もあり、今後の人間関係をサポートしてくれる強い味方のギフトといえますので、ぜひとも胡蝶蘭をギフトとして贈ってみてください。

【白】白色はお悔やみから結婚式までオールマイティーな色です

胡蝶蘭と聞いて、多くの人がまず真っ先に思い浮かべるのがこの色でしょう。
移転直後の新オフィスの受付や、新しく開店した飲食店の店先などに白い胡蝶蘭の鉢植えがたくさん並べられているさまは、きっと誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
白色の胡蝶蘭が持つ意味は『純粋』、『清純』。 その花言葉と真っ白な姿から、結婚式でも喜ばれる花です。
色は控えめながらも大きな花弁が華やかな胡蝶蘭は、ブーケにしても目立つこと間違いなし!
ウエディングドレスの白色とあいまって、新婦さんの美しさをより引き立ててくれることでしょう。
こうしたお祝い事で贈られるイメージの強い胡蝶蘭ですが、白い胡蝶蘭はお悔やみの場でも用いられる場合があります。
凛とした花姿は、幸せな場から追悼の場まで、実に広いシーンで活躍してくれるギフトなんですね。

【ピンク】あなたを愛していますという花言葉、恋人へのギフトならピンク色

ピンク色の胡蝶蘭の花言葉は『あなたを愛しています』。
ただ色が違うだけで、白色の胡蝶蘭とは花言葉もまるで変わってくるんですね。
愛の告白といえば薔薇の花束のイメージが強いですが、「ひと味違う男」を演出したいならピンク色の胡蝶蘭をギフトに贈ってみるのはいかがでしょうか。
新婦さんが持つようなブーケ状にしてプレゼントするもよし、気合いを入れて鉢植えを贈るもよし(ただし、出先で鉢植えを手渡すのは大荷物になるのでやめておきましょうね)。
花束であれば水に浸けていても数日で枯れてしまいますが、鉢植えだと長持ちしてくれるのも嬉しいポイントです。
また、愛を伝える相手はなにも恋人だけではありません。
母の日=カーネーションと思いがちですが、毎年同じ演出に、お母さんは少し飽きを感じているかもしれません。
次の母の日には、ピンク色の胡蝶蘭を贈ってサプライズギフトを仕掛けてみてはいかがでしょう。

【リップ】紅白が美しいリップはまさに"寿"のシーンに相応しい花

リップ系とは、白色の花弁に赤色の唇弁(しんべん)を持つ種類を指します。
唇弁はラン科植物などに見られる弁の一種で、花全体の中央やや下寄りに位置しており、往々にして鮮やかな色をしています。
白と赤から成るリップ系の胡蝶蘭は、日本人には古くから馴染みのある"紅白"カラー。
いかにも縁起のいいその配色から、さまざまなお祝い事の場で喜ばれる品種です。
差し色の赤色が胡蝶蘭をより華やかに見せてくれるので、ギフトを贈られた方も気分が上がることは間違いありません。
ビジネスシーンの贈り物としては真っ白な胡蝶蘭が選ばれるケースが多いですが、ご長寿祝いや記念日のお祝いなど、華やかに盛り上げたいおめでたい席にぜひいかがでしょうか。

【黄色】商売繁盛の黄色は開店祝いのギフトにも良いです

黄色の胡蝶蘭は、鮮やかな黄色の花弁に赤色の唇弁が特徴的。
白色や淡いピンク色を基調とした他の胡蝶蘭とはひと味違う存在感を持った品種です。
その豪華な見た目から、黄色の胡蝶蘭もまたお祝い事のギフトとして人気があります。
実は、胡蝶蘭の花言葉は、白色とピンク色以外はどれも同じ意味なんです。
ですので、リップ・黄色・紫色の胡蝶蘭ギフトを贈る際は、贈り先のイメージやシーンに合うものを選んで使い分けてくださいね。
黄色自体には「活発な」、「商売繁盛」といった意味があるので、新規開店・開業祝いにはもってこいの色ではないでしょうか。
ギフトの贈り先が飲食店や病院の場合、花を贈ると匂いが気になるのではと心配に思うかもしれませんが、胡蝶蘭にはほとんど香りがないため安心ですね。
※品種により芳香性の強いものもあるためご注意ください。

【紫】喜寿や古希には古くから高貴な色の紫色がギフトにピッタリです

最後にご紹介するのは、胡蝶蘭の中でもひときわ珍しい紫色の品種。
白色の胡蝶蘭は「清純」、ピンク色は「愛」、リップは「華やかさ」、黄色には「若々しい活発さ」という印象がありましたが、紫色の胡蝶蘭には「落ち着きと品性を兼ね備えた大人」のイメージがあります。
同じ花でも、色が違うだけでこうも印象ががらりと変わるなんて面白いですよね。
古くから高貴な色として扱われ、特別な意味を持っていた紫色。
この色には喜寿や古希などの長寿をお祝いする意味もあるとされているので、節目の歳を迎えたおじいさんおばあさんに紫色の胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。
希少性の高い紫色の胡蝶蘭ギフトは、きっとおじいさんおばあさんの心を癒やしてくれることでしょう。